ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

News
多色な薬

妊娠中というのは胎児のために様々な制限が加えられることになりますが、アレルギーの薬であるザイザルを避けるべきかというとこれは医師の指示がないのであれば避けるべきだといえます。
当然これから妊娠したいと思って、子作りをしている最中も避けたほうが良いものであり、性行為をした後は服用をしないようにしたほうが無難だといえます。
実際に、妊娠をしている時にどの程度の影響が出るのかということは実験をすることができるわけでもありませんから、はっきりしない部分は少なくありません。
しかし、はっきりしない以上は医師の指示がない限り避けるべきだといえるのです。
ただし、絶対に服用してはいけないのかというとそのようなことはありません。

妊娠中の服薬というのは薬の影響よりも薬を飲まないことによって起こる影響のほうが大きいと医師が判断をすれば服薬するように指示されるのでその時には医師の指示に従うようにする必要があります。
妊娠中は基本的にどのような薬であっても避けるべきですが、飲まなければならない薬を飲まないということもリスクのあることですから、医師の指示には必ず従うようにしましょう。
そして、花粉症などで辛いというのであればそのことを医師に相談をして判断を仰ぐことが大切です。
あまりにも重度なアレルギー症状が出ている場合には、それによって胎児に悪影響をおよぼすことも考えられますから薬で症状を抑えたほうが良いということもあるため、医師に相談をする必要があります。
大事なことは勝手な自己判断で飲んだり飲まなかったりするのではなく、必ず専門家の指示に従うということです。
そのため、妊娠中のザイザルは医師の指示がない限りは飲まないとしておくのが安全です。