ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

  • ホーム
  • ザイザルとアニサキスとブロッコリーについて

ザイザルとアニサキスとブロッコリーについて

多様なカプセル

花粉症の季節になると、鼻の症状で悩まされる人には、ザイザルの処方薬が効果を発揮してくれます。
春になると日本国内では、マスクをしている人の数が増加をしますが、その多くは花粉症対策でしょう。
花粉症に悩む人は、この時期は鼻水や鼻づまりにも悩みますので、その症状を緩和するためにも、ザイザルの医薬品を服用する人が増えます。

つらい花粉症の症状には、食事の栄養で対抗をするのも、有効な手段の一つになります。
野菜はいつでも食べたほうが良い食材ですが、西洋学的にもブロッコリーは花粉症対策には有効になります。
野菜サラダを作るときにも、シチューやグラタンのメニューの時にも、さりげなく添えられていることのあるブロッコリーが、花粉症対策にも良いという野菜の一つにもなります。

鮮やかなグリーンカラーのブロッコリーには、豊富なビタミンがギュッと詰まっていて、それはそれは健康にも良い野菜です。
ビタミンCだけではなく、ビタミンAもビタミンEも、宝庫と言って良いほどにぎっしりです。

健康にも美容にもビタミンの成分が大事ですが、ブロッコリーにはビタミンCの栄養成分が、レモンよりも2倍も多く含まれています。
それにじゃがいもには、もっと多い7倍ものビタミンCが含まれています。
ブロッコリーには、ベータカロテンや、ルティンも含まれますので、体内の活性酸素を抑制して、老化現象や病気を予防することにもなります。

いわしや鯖に鮭、かつおやアジにさんまやイカなどに寄生するのが、アニサキスです。
アニサキスによる食中毒には、気をつける必要があります。
魚はできるだけ新鮮な魚を選び、鮮度に対しては徹底をして、加熱調理をして食べるようにしましょう。