ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

  • ホーム
  • ザイザルの服用期間中と粉ミルクの用量

ザイザルの服用期間中と粉ミルクの用量

抗ヒスタミン剤は第一世代と第二世代とありますが、授乳中でも服用しても構わない医薬品となっています。
ただし母乳に含まれないとは言い切れないことから、なるたけ授乳中の医薬品の服用は避けた方が良いとされています。
とは言っても、育児をしている最中に鼻炎に悩まされるのは、それだけでストレスが溜まってしまいます。
産後に疲れやストレスからで、アレルギーからくるものではない蕁麻疹を発症する女性も多いですので、なるたけそれらを避けたいはずです。
母乳に含まれる医薬品の成分が気になること、そして鼻炎のストレスから解消したい場合の解決方法は、やはり粉ミルクになります。

ただし粉ミルクの用量が多くなると、赤ちゃんに悪影響を与える可能性があることも視野に入れておく必要があります。
赤ちゃんにとっては免疫力を高める効果があるのが母乳であり、ママにとってみても女性特有の病気になる罹患率を下げたり、産後の体重増加を防ぐ効果もあります。
なるたけ母乳で育てた方が良いのは一目瞭然です。
抗ヒスタミン剤であるザイザルを服用する前に赤ちゃんに母乳を与える、服用した後は粉ミルクを与えるなど対策もとれます。
その点ザイザルは1日中効果を示すことから、このような使い方は効果的になるでしょう。

ザイザルに似た医薬品としてアレグラがあり、これは市販でも購入することができます。
薬剤師が常駐しているドラッグストアであれば、授乳中のことを伝えて正しい情報で服用しましょう。
授乳中でも抗ヒスタミン剤の服用は赤ちゃんに悪影響がないと考えられていますが、気になるママは他の方法で対策をとることもできます。
工夫をして厳しい鼻炎の季節を過ごすことが大切です。