ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

  • ホーム
  • 処方薬ザイザルと貝による食事療法

処方薬ザイザルと貝による食事療法

多くの薬

処方薬のザイザルは、即効性と安全性の高さによって支持率が高い薬剤ではあるものの、眠気を誘発しやすいという特性があります。
基本的に、ザイザルは服用後1時間から2時間が経過した頃に最も眠くなるとされており、効果が薄れてくる頃まで継続します。
個人差があるものの、一般的には7時間前後が目安であるとされています。
つまり、朝の7時頃に服用した場合は昼を過ぎた頃まで眠くなるということになります。
一方、昼に飲んだという場合は夕方まで眠くなるという計算になります。
ただし、飲み方を工夫するだけで簡単に軽減させたり、回避させることができる問題であると言えるでしょう。

ザイザルのように、花粉症の症状を改善させる薬剤の中で眠気があまり伴わないものはあるものの、ザイザルのように高い効能を期待することはできないと言えます。
そもそも、服用後に眠くなってしまうのは、傾眠と呼ばれる副作用が関係しています。
あまり聞き慣れない傾眠というのは、寝ているものの周りから受ける刺激により、目が覚めてしまう状態を指します。
眠くなるという症状は、ザイザルに限った話ではなく花粉症が要因の鼻炎症状を抑制させる目的を持つ抗ヒスタミン剤においては、よく見受けられる事案です。
眠くなってしまうことは、薬剤が持つ強さも関係しており、効果が強いほど強い眠気に襲われることになります。

そこで、お仕事の関係上眠さを感じることは許されないという場合は、プライベートな時間にザイザルを服用するように心がけ、普段は食事療法を行うのも良いでしょう。
近年では、花粉症の対策には貝に含まれている成分が効果的であるという発表も行われたため、貝料理を口にする機会を増やすのも良いです。