ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

  • ホーム
  • 出産後はザイザルをいつから飲んでも大丈夫?

出産後はザイザルをいつから飲んでも大丈夫?

たくさんの薬

出産後は体も疲れており、育児で睡眠不足になり、ストレスも溜まることからアレルギーを持っていない女性でも、非アレルギー性の蕁麻疹が出てしまうことがあります。
もともと花粉症で苦しんでいる女性もいるはずです。
授乳中の医薬品の服用は赤ちゃんに悪影響を与えることがありますので、控えなければなりません。
もし服用する場合は、授乳をやめて粉ミルクで過ごすなどの対策も考えた方が良いでしょう。
ただし母乳は栄養価だけではなく、赤ちゃんの免疫機能を高める効果もありますので、やはり医師と相談して服用を検討した方が良いです。
今までの感覚と服用すると、赤ちゃんにも悪影響を与えることがあることを理解しておきましょう。

ザイザルは基本、クリニックで処方される医薬品であり、妊娠中や授乳中であれば、医師の指導を受けることができますので、その指示を守りましょう。
ザイザルと同様にアレグラは花粉症に効果的な抗ヒスタミン剤であり、さらにアレグラは市販でも購入することができますが、必ず薬剤師と相談のうえで購入しましょう。
抗ヒスタミン剤の服用を検討している場合は、やはり医師の指導の方が安心して服用することができます。
クリニックに行くのが最善の方法になります。

最近はザイザルやアレグラ、ジルテックなどの抗ヒスタミン剤の医薬品を、クリニックではなくインターネットの通販サイトで購入している人も多くなっています。
海外の医薬品になり、わざわざクリニックに行く必要もなく、そして安く購入できますので、この方法が支持されています。
ただし妊娠中や授乳中といった特別な場合は、医療従事者の判断を求めなければなりません。
通販サイトでジルテックを買う際は注意が必要です。
そのようなときに利用するべきかどうかの判断を勝手にしないようにしましょう。
個人の判断で購入し、服用していしまい、思わぬ副作用を引き起こす恐れがあるためです。
通販サイトでの医薬品購入は便利ですが、利便性にとらわれて間違いを起こさないようにする管理意識を忘れないようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧