ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

  • ホーム
  • 目の視覚障害や下痢などザイザルの副作用に注意しよう

目の視覚障害や下痢などザイザルの副作用に注意しよう

今の時代、アレルギー性鼻炎で悩む方も少なくないでしょう。
一般的に多用される薬にはザイザルがありますが、どのお薬も少なからず副作用は存在するものです。
ザイザルを服用される際によく報告されている副作用症状には、過敏症をはじめさまざまなものが知られています。
その中に、消化器症状として下痢や消化不良などがあげられています。
その他にも便秘や嘔吐、味覚障害などもおこるとされています。

目に関するものには、視覚障害があげられています。
ザイザルは抗アレルギー薬としては比較的に新しい薬に相当しますが、従来の抗アレルギー薬に比べると副作用もずいぶん少なくなっているとの報告がされています。
従来のものと比べると、副作用の軽減もみられますが気になる症状のある方は、医師へ相談されることをおすすめします。

また、成人に比べて子供の服用に関しては、7歳以上の子供への服用がおすすめとされています。
成人でも1日に2錠までの服用と決められているようです。
それらの服用量は副作用症状を避けるためには厳守しなければなりません。

通常、決められている服用量は、成人で就寝前に1錠です。
子供の場合、朝食後に半錠、就寝前に残りの半錠となっています。
お薬を服用される方への注意事項の中に、薬の飲み忘れがあります。
たとえ飲み忘れたとしても、その分量以上の服用はおすすめできません。

大切なことは薬の服用時間と次の服用時間との間隔を正しく開けなければならないことです。
子供に関してはとくに注意しなければなりません。
目の視覚障害や消化器症状の代表格である下痢など重い副作用を起こす可能性もあるからです。

サイト内検索
人気記事一覧