ザイザルは幅広いアレルギーに対して効果を発揮してくれますが、妊婦やこれから妊娠を考えている人は服用を控えた方がいいと言えます。お腹の中の胎児への影響などを考えるべきですが、自己判断は危険ですので医師の判断を仰ぎましょう。

記事一覧

抗ヒスタミン剤は第一世代と第二世代とありますが、授乳中でも服用しても構わない医薬品となっています。 ...

ある日突然花粉症を発症してしまった時のショックは、そう簡単には消し去ることができないほどに人々の心に...

ザイザルはアレルギー反応が出た時の症状を抑えることのできる抗ヒスタミン剤で、寝る前に服用するだけにも...

蕁麻疹ができて悩んでいる人は多いです。 蕁麻疹は、アレルギー疾患で、食べ物が原因で出ることも多いです...

今の時代、アレルギー性鼻炎で悩む方も少なくないでしょう。 一般的に多用される薬にはザイザルがあります...

多様なカプセル

花粉症の季節になると、鼻の症状で悩まされる人には、ザイザルの処方薬が効果を発揮してくれます。 春にな...

多くの薬

処方薬のザイザルは、即効性と安全性の高さによって支持率が高い薬剤ではあるものの、眠気を誘発しやすいと...

多くの薬

ザイザルは、成分名がレボセチリジン塩酸塩という抗アレルギー薬です。 蕁麻疹や、掻痒感を伴う皮膚疾患な...

たくさんの薬

出産後は体も疲れており、育児で睡眠不足になり、ストレスも溜まることからアレルギーを持っていない女性で...